辣油風味のピリ辛スープで食べる”つけ蕎麦” ~Soba KOKOPELLI~

グルメ

こんにちは、斉藤さんです。今回は、青葉区五橋にあるつけ蕎麦のお店『Soba KOKOPELLI(ココペリ)』さんへ行ってきました。つけ蕎麦って仙台ではあんまり馴染みがないですよね。お蕎麦を辣油風味のピリ辛スープにつけて、つけ麺のように頂くちょっと変わったスタイルのお蕎麦なんですよ。

店名:Soba KOKOPELLI(ココペリ)
住所:宮城県仙台市青葉区五橋2-8-17 五橋ドミトリー 2F
参考:食べログ



お店は、地下鉄五橋駅より徒歩5分ほどの場所。五橋ドミトリーという建物の、階段を上がった2階にお店が入っています。



店内は、カウンター13席にテーブル席が4席ほどの広さ。



メニューはこちら。全品表記より100円引きとのことでした。麺をお蕎麦から麦切、中華麺に変えることもできます。

私はスタンダードな『温かい鶏つけSOBA750円』をお願いしました。注文時に「ラー油辛いですが大丈夫ですか?」と聞かれたので苦手な方は調整してもらえそうですよ。



つけ麺のようなビジュアルですね。お蕎麦には山盛りの海苔、ゴマ、カイワレが乗っています。



辣油と花椒が効いたピリ辛のスープ。コクのある濃いめの味でなかなかパンチがありますよ。これは中華麺で食べても美味しいはず。



太めのお蕎麦は田舎そばに近いのかな?弾力がありますが、硬いというよりモチッとしています。蕎麦の風味はあまりないのですが、パンチの効いたスープとの相性が抜群ですごく美味しいです。お蕎麦というよりつけ麺を食べる感覚に近いですね。このジャンクな感じ、アリですよ。



スープの中にはネギの他に、かしわそばに入っているような鶏肉がゴロンと5つも沈んでいます。



セルフサービスで生卵とあげ玉も投入できますよ。



もちろん私も入れちゃいます。生卵を入れると、濃いスープがグッとまろやかになりますね。刺激が欲しい私は入れなくてもよかったかも……。あげ玉はドサドサ投入しましたよ。サクサクして美味しい。



卓上にはこんなオリジナルスパイスも。さらに辛さ増し増しにもできちゃいます。あとは蕎麦湯も置いてありましたよ。この痒いところに手が届く感じ、素晴らしいです。

普通のお蕎麦も大好きなんですが、ジャンクに食べるつけ蕎麦もいいものですね。もっと流行らないかな。何よりピリ辛の濃いスープが美味しかったので、今度は中華麺と麦切でも試してみたいと思います。またお邪魔します。ご馳走さまでした。

店名:Soba KOKOPELLI(ココペリ)
住所:宮城県仙台市青葉区五橋2-8-17 五橋ドミトリー 2F
参考:食べログ