タピオカの次は豆花?三越近くでいち早く台湾スイーツをチェック!~台湾屋台料理 台味(タイウェイ)~

グルメ

こんにちは、マブです!
先日、韓国映画「パラサイト」がアカデミー賞作品賞を受賞するという歴史的快挙がありましたが、私が今はまっている映画は「バンブルビー」です(笑)。Amazon prime作品だったので何気なく鑑賞したら、めちゃくちゃほっこりするいい映画でした。ぜひみなさんも観てください。

さて個人的には久々の更新になりますが、去年から豆花にはまっています。

豆花(トウファ)とは?
豆花とは豆乳をにがりなどで固めその上にシロップをかけて食べる台湾では老若男女問わず日常的に食べられている国民的スイーツ。
東京豆花工房HPより

中目黒の明天好好がもうとにかくめちゃくちゃ美味しくてですね、なんとか仙台でも気軽に食べられないもんかな、と思っていたところにオープンしたのが、今回ご紹介する「台味」さんです。

ちなみに仙台ではもう一件、はむぼーさんが紹介している「BullPulu TAIWAN CAFÉ」でも食べられます!

店名:台湾屋台料理 台味(タイウェイ)
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4丁目7−7
電話番号:022-797-9388
営業時間:11:30~20:00
日曜営業
定休日 年末年始
参考:HP 食べログ

場所は三越のすぐ近く。去年の10月にオープンしたお店です。台湾スイーツ以外にも、ご飯ものなども頂けます。メニューはこちら!

このメニューなんだ…?と思っても、壁には料理の写真が貼っているので安心です。

一階はカウンターのみですが、二階にはテーブル席があります。

さて、10分くらいで頼んだ料理が出てきました!

特製魯肉飯(800円)割包(500円)

友人が頼んだ魯肉飯は、いわゆる豚肉かけご飯ですね。濃い目の味付けがご飯との相性最高です。甘辛の味付けがされていて、高菜やメンマも入っているので、食感もいい感じ。

台湾本場の味付けというより、日本人向けに少し変えてあるんだそう。

私が頼んだお隣の割包も、基本的な味付けは同じ甘辛。まわりの皮が分厚くてもちもちで、ほんのり甘みもあり、米で食べるかパン(?)で食べるか甲乙つけがたいところ。

そしてお待ちかねの豆花。

豆花(650円)

豆乳、仙草ゼリー、小豆、バナナ、芋園(いもえん)…ボリューミーです!

お味はですね、甘い豆乳と豆腐を一緒に食べる感じです。とってもヘルシーな味。ギルティ―フリーですね。

台湾の味の特徴らしいんですが、かなり甘さ控えめです。「BullPulu TAIWAN CAFÉ」の豆花は結構甘めで日本人向けに作られている感じですが、「台味」の豆花は本場のほうに近いのかな?(行ったことないけど)

20時で閉店してしまうのが悲しいところではありますが、友人と18時くらいから国分町で飲んだあとに、甘いものが食べたいと寄るときにベストチョイスでした。テイクアウトもできるようなので、みなさんもぜひ食べてみてください~。

店名:台湾屋台料理 台味(タイウェイ)
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4丁目7−7
電話番号:022-797-9388
営業時間:11:30~20:00
日曜営業
定休日 年末年始
参考:HP 食べログ

~マブの映画紹介~へレディタリー/継承

マブのきまぐれ開催、紹介した記事と全く関係ありませんが(笑)、オススメ映画をご紹介させていただきます。

今回は家族にまつわるホラー映画です。苦手な方すみません。

『へレディタリー/継承』

監督:アリ・アスター キャスト:トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロなど

2018年の映画ですが、なぜこのタイミングでご紹介するかというと、この監督の次回作「ミッドサマー」がついに来週2月21日に公開になるからです。それと合わせて絶対に観て欲しいからです。

私はリアルタイムで映画館に観に行ったんですが、その時の感想は、

序盤の私
一刻も早く終わって欲しい…なんで観に来ちゃったんだろう…。
鑑賞後の私
やったーーーーーー!おめでとうーーーーーーー!!!

ホラー映画終わったあとの感想が「おめでとう」ってある?って感じなんですが、あります
序盤に「そんなこと(映画とはいえ)していいのか」みたいな衝撃的な展開があり、その後“押しちゃだめなスイッチ全部押していく”かのようにストーリーは進んでいきます。

まあホラー映画って、基本嫌なことが起こる映画ですよね。これだけじゃなにがすごいのか分かりませんよね。

でもよくあるホラー映画って、「怖いけど、ストーリー破綻してんなあ」とか、「音とか映像で驚かしてくるだけだなあ」「最後結局どうなったの?」って思ったことないですか?

「ヘレディタリー」は、そこが作りこまれています。グラハム家が恐怖に巻き込まれる背景や、そこで描かれる家族の関係(の崩壊)、細やかに回収されていく伏線。ホラーという枠組みを外して、映画としても奥行のある作品なんです。

恐怖の色がはっきりとした作品なので、意外にもじめっとして停滞した空気感はなく、だからこそ、完全に目が覚めた状態で悪夢を見ているような気分になります。

それでも私は鑑賞後に「おめでとう!」って開放感たっぷりで思わず叫びだしたい気持ちにかられました。映画館から出られる解放感じゃないですよ!ストーリーの行きつくところに対して、そう思いました。

ホラー映画に興味がない、苦手という方にも、目を瞑りたくなるようなシーンには目を瞑ってもらいながら(笑)、観て欲しい作品です。

そんなアリ・アスター監督の次回作「ミッドサマー」!ある村の夏至祭にやってきた若者たちが巻き込まれる恐怖。ホラーと言えば夜、暗闇ですが、今回はすべてが白昼の元繰り広げられるらしく、どこにも逃れようがありません。楽しみですね、私は楽しみです!

みなさんもぜひ「ミッドサマー」の前に、予習として「ヘレディタリー」をご覧ください!



☆せんだいマチプラがアプリのようになるよ☆

せんだいマチプラのトップページを【ホーム画面】に追加すると、アプリのように使用できます。

気になった時には時間をまたずにサクサクと記事が読めちゃうのでオススメです。

ほんのひと手間で簡単設定が出来るので、ぜひお試しください♪