濃厚ポタージュ風つけ麺 ~麺屋 悟六~

グルメ

こんにちは、キッドです。
今週はポカポカ陽気で気持ちがいいですね。まさしくマチプラ日和とはこのことかもしれません。コーヒー片手にお散歩も楽しそうですね♪

さて、本日ご紹介するお店はこちら『麺屋 悟六』さんになります。

店名:麺屋 悟六
電話番号:022-714-0233
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-4-3
参考:Twitter食べログ

場所は一番町四丁目商店街から、虎屋横丁へ入ったすぐ右側にある赤い看板が目印です。



いつも目にかけるものの、なかなか行くことが出来なかったので楽しみです。お客さんの口コミを見ると、ご主人があの東京の人気店『中華そば青葉』の出身ということを知って、ますます期待が高まります。この日はお昼の12時半ぐらいに突入しました!!



店内はカウンター席とテーブル席とで13席程の広さとなります。中はサラリーマンの方達でいっぱいでした。この日はカウンター席に着席っと。メニューはこちらになります。

入口に券売機があるので、始めに食券を購入するシステムです。初めてのラーメン屋さんって何を頼むか悩んでしまいますよね。でも、今日はパパッと決めました。



カウンターにはこんなポップも。自家製ラー油!?隣のお客さんはご飯の上にかけてますね。なるほど、いろんな楽しみ方が出来るようです。気になりますね~♪

店内にある大きいテレビでヒルナンデスを見ていると、待つことなくラーメンが到着です。



今日はこちら『特製こく旨つけめん/1,000円』になります。普通のつけ麺もあったのに、この日はなぜか気が付いたら、特製ボタンをぽちっと。まぁまぁまぁ、いいでしょう!!



さすがは特製ですね!! 目に飛び込んでくる程のトッピングの盛りの良さ♪ メンマとか山盛り~♪



つけ汁はこく旨というだけあって、見た目からして濃そうですね。上には魚粉がのっています。



麺は太麺にゆるいウエーブがかかっています。量は中盛りぐらいでしょうか。では、早速頂きます。つけ汁に絡ませてパクッと。うんうん、濃厚ですね。ポタージュのような粘度のあるつけ汁に、ウエーブ麺が良く絡みます。噛むほどに小麦粉の風味が香り立ち、モチモチ食べ応えがあります。つけ汁は豚骨が強いですが、口当たりが柔らかくクセがありません。



チャーシューはこの厚さのものが4枚ほど。後半にもなるとさすがにガツンときますね。メンマはコリコリと無難な美味しさです。味玉もそうですが、全体的に塩分控えめでつけ汁の邪魔をしません。



終盤に事件発生!! まさかのつけ汁が足りない事態です。麺もチャーシューもまだ残っているのに~。あっと思い出し、目の前の自家製ラー油を投入しました。麺と良く絡めて食べてみると、あら不思議! この味は油そばに大変身です。ちょっと薄味ですが、全然いけますね。でも希望としては、つけ汁はこの1.5倍ぐらいの量で、もっと熱々なら嬉しかったかな。。

お店へは次から次へとお客さんがやってきます。タイミング次第では待ちそうですね。日替わりでトッピングサービスがあるようで、この日はチーズトッピングだったようです。さすがに初めて食べるので今回は遠慮をしておきました。次は普通のラーメンも食べてみたいです。美味しかったです。ごちそうさまでした!

店名:麺屋 悟六
電話番号:022-714-0233
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-4-3
参考:Twitter食べログ