【新店】焼き鳥で乾杯!丁寧に作られる一串一串に酔いしれます ~炭火焼鳥 まるみ / 青葉区国分町~

和食

こんにちは、キッドです。

先日のこと、どうしても美味しい焼き鳥が食べたくて、フラっとお邪魔をさせていただいたお店がとっても良かったので、みなさんにもご紹介をさせてください!!

お店の名前は『炭火焼鳥 まるみ』さん。

岩手県奥州市でお店を開いていたご主人が、2022年7月に新しく仙台の土地でオープンをされたお店となります。

ひとつひとつ丁寧な仕事ぶりが垣間見れ、とっても美味しい焼き鳥を楽しむことができました。

どうぞ、御覧くださいな♪ (*^-^*)

炭火焼鳥 まるみ

お店の場所は、定禅寺通りから国分町通りを北四番丁方面へ向かい、2つ目の信号を右折。コインパーキングの手前にあるUSビルの1階となります。仙台市役所の裏あたり。

以前は「あじはますし」があった跡地ですね。

この日は平日の17時半過ぎぐらいにやってきました。もう我慢が出来なくて、早めに来ちゃいました。

勾当台公園近くでどこか焼き鳥屋さんが無いかなーと探していたところ、街歩きの途中で見つけたお店なのです。

炭火焼鳥・日本酒・自然派ワイン

気になるじゃありませんか!!

いざ、入店。

うわー、いい感じの佇まいに心が躍ります。

店内はカウンター席、テーブル席との造りで20席程の広さとなります。物腰柔らかなご主人が素敵な笑顔で迎えてくれました。

せっかくなのでカウンター席へ。

食事メニューはこちら

さぁて、何を食べようかなぁ。

うわー、いいよね。とりあえず全種類を味見したくなっちゃいます。お任せもあるみたいだから、ご主人に相談してみようかな。

串メニューの他にも、単品料理がいろいろあるみたい。

串焼きと合わせて、いくつか食べてみようと思います♪

お酒メニューはこちら

外看板にもあったように日本酒やワインも飲んでみたいですね。

大阪や岐阜、三重など西日本のお酒もあるようです。日本酒は後半にお願いをしちゃいましょう!

では、まずはビールで乾杯です!カンパーイ、くひぃ~、んまいなぁ。

そして、まるみさん、オープンおめでとうございます。パチパチパチパチ~☆

(*写真のビールは我慢できずにちょっと飲んじゃってます、、、)

焼き鳥が来るまで『ポテサラ』を頂きます。

半熟トロンの味玉を崩しながら、ポテサラと一緒にパクリ。

コリコリっ。おお!これは秋田名物のいぶりがっこが入っていますね。コリっとした食感と燻製の香りが良きアクセントに。ポテサラって、なんでこんなにも美味しいのでしょうか。

カウンター席の特権!

カウンター席からは焼き場を見ることができます。まさにライブキッチン。

ご主人の丁寧な仕事ぶりを眺めながら、グイっとビールを傾けます。地元が岩手県ということで、いろんな話を聞かせていただきました。カウンター席なら一人でもフラっと利用がしやすいですよね。

女性の方でも一人で来ることがあるんだとか。焼き鳥屋さんで一人飲みなんてカッコイイ。でも、意外と一人飲みって気軽でいいものですよ♡

お待ちかね串焼き登場!

キャ~、なんて、美味しそうなヴィジュアルでしょうか。

まさに中心に王を据え、周りを囲う四天王のようなお姿!

*本来であれば出来たものから1本ずつ提供となるそうです。今回はワガママを言っちゃいました。

『 ささみ 』

お好みでわさび or ゆずこしょうを選ぶことができます。今回は特別に両方をつけていただきました。

しっとり・ふっくらとした焼き加減。シンプルな味わいながらも素材の味わいをダイレクトに感じることができます。個人的にはゆずこしょうが好きでした。

『 もも一夜干し 』

干物好きというご主人が焼き鳥でも何か出来ないかと、試行錯誤の上完成したのがこちらの一串。

一夜干しにすることで、岩手県産「奥州いわいどり」の旨味を最大限引き出しています。肉の旨味がギュギュっと凝縮され、噛むほどに素材の甘みが広がります。

『 ハツ 』

一口入れた瞬間に”美味しい”が、ガツンと細胞へ飛び込んできます。これはたまらない。子供から大人まで大好きになること間違いなし。

ご主人が食べる人のことを考えて、手間暇かけて作られているんだとか。トリミングや下処理など時間がかかりますよね。ありがとうございます。

『 せせり 』

首の部位を切らずにねじって、しそや梅肉を和えて焼き上げる一串。弾力ある歯ごたえと、噛むほどに肉汁が溢れ、そこへしそ・梅肉の酸味や風味がやってきます。

脂と酸味との調和がクセになりそうです。

『 レバー 』

岩手県産の菜彩鶏(さいさいとり)のレバーを絶妙な焼き加減で仕上げる一串。

ねっとりと舌触り滑らかな味わいが広がります。まるでレバーペーストを食べているような、鮮度の良さを感じられる美味しさでした。

後半は日本酒タイム

いろいろある中から、大阪の蔵元『秋鹿』の純米大吟醸を冷やで頂きました。

一口飲んでみると。

お米の甘さやフルーティな香りがポワンと広がり、芋焼酎やブランデーのような余韻が残るものでした。このいい意味でのクセが面白い。

食中酒として、肉料理や油ものと一緒に味わいたくなります。

外がだいぶ冷え込んできたので『チキンのトマト煮込み』をいただきました。

柔らかくしっとりと煮込まれたチキンは、シンプルな味付けながらも、ほっこりする美味しさでした。トマトっていうとこともいいよね。

 

初めてお邪魔した『炭火焼鳥 まるみ』さんでしたが、とっても充実した時間を過ごすことができました。

店内ではオールディーズのBGMがかかり、気さくで温かい店員さん達との会話を楽しみ、極めつけには美味しい焼き鳥と一緒にお酒を堪能。

これからもフラリと立ち寄りたくなる素敵なお店でした。

 

これからの年末年始シーズンは予算に応じて相談もできるみたいです。子供連れでも大歓迎とのことでした。

ぜひみなさんも行ってみてくださいね。ごちそうさまでした!!

 

店舗詳細

店名:炭火焼鳥 まるみ
住所:仙台市青葉区国分町3-8-18 USビル 1F
電話番号:022-200-6397
営業時間 17:00-23:00
定休日:不定休

〇Instagram:https://www.instagram.com/sumibi_yakitori_marumi/