電力ビルで初めてのじゃじゃ麺を食してみる ~JaJaこずかた~

グルメ

こんにちは、キッドです。
この日は久しぶりに一番町にある電力ビルの地下レストレランフロアに来てみました。同じフロアには『扶餘』さんや『寿屋 寿庵』さんがありますね。この場所って結構お店の入れ替わりが激しいので、何か新しいお店が入っていないか定期的に覗いています。

すると、何やら初めて見るお店を発見。その名前は盛岡名物じゃじゃめん専門店『JaJaこずかた』さん。じゃじゃ麺ってちょこちょこ聞いたり、うどんにかけるレトルトタイプは食べたことがあるんですが、お店で食べたことはないですね。興味津々で早速入店しちゃいましょう~♪ よっしゃGOGO!!

店名:JaJaこずかた 仙台店
電話番号:022-266-1616
住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビル B1F
参考:ホームページ食べログ

お店の場所は『扶餘』さんの目の前となります。じゃじゃめんの大きな写真が貼られているので、すぐ分かるかと思います。

外にはメニューも貼られていました。普通のじゃじゃめんから辛いタイプがあるみたいです。

チータン付き!?

チータンって何でしょう….写真だけ見ると、カボチャのスープのような感じ。ちょっと怖いので、今回は『チャーシューじゃじゃめん/850円』にしようかな。

この日は13時ぐらいにお邪魔をさせていただきました。入口の券売機で食券を購入し、カウンター席に座って、店員さんに食券をお願いします。先客は1名。周りのテーブルを見ると、食べ終わった食器がいくつかあったので、お昼のピークが終わった頃なのかもしれません。

それにしても、店員さんが元気ないな…お昼で疲れちゃったのかい!?広い店内にBGMだけが流れ、とても静か。ガヤガヤ系が好きな私にとっては、かえってそわそわしてしまいます。早く料理来てくれー!!

卓上には生卵とにんにく、しょうが、塩、お酢とラー油が置いてありました。

はて、生卵!?セルフで使ってもいいのかな。

視線を少し上に向けると、じゃじゃ麺の食べ方と、チータンについての説明が書いてありました。後々、ホームページも見てみると、麺を食べ終わった後の皿で作る卵スープのことだったんですね。へぇ~、知らなかった。次回はチータンもお願いしてみよっかな。

料理が到着しました。初めてお店で食べるじゃじゃ麺は『チャーシューじゃじゃめん/850円』なり~♪

細切りキュウリに炭火焼きチャーシューが4枚、ネギ、何やら真っ赤の物体が添えられています。中央にはじゃじゃ麺特有の肉味噌と思われるタレが乗っています。

では早速頂きましょうか。よーく、全体を混ぜ混ぜしてから、そのままパクッと。なるほど、こういう感じね。肉味噌というよりも胡麻味噌のような、ゴマを強く感じます。

味噌にそこまでの塩味はなく、どことなく優しい味わいです。太麺はちょっと柔らかめでモチっと食感。初めて食べるので、何かと比較しようがないですが、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。卓上のお酢とラー油を入れてみると、味に締まりが出て、美味しかったです。

まだ正解が分からん。どうせなら辛いタイプも食べてみたいなぁ。

チャーシューは適度な厚みがあり、食べ応えがあります。おそらく事前に炙ったものを切って用意しているのか、常温でパサついているのがちょっと残念かな。

そして現れたるは真っ赤なこいつ。一口パクッと。くぅ~~~~、しょっぱすっぱい!!もうお気づきかと思いますが、紅ショウガの輪切りタイプでした。

ちょっとアクセントがあり過ぎて、一口かじって終了。こいつはスゲーや。

初めてお店で食べたじゃじゃ麺でしたが、まだまだ調査が必要かもしれません。麺のボリューム自体はそこまで多くは無いので、男性の方なら大盛りにされた方がいいかもしれません。もしくは3時のおやつとか。次は岩手県出身の友人と一緒に来たいと思います。店員さん、頑張ってくださいね。ごちそうさまでした~♪

店名:JaJaこずかた 仙台店
電話番号:022-266-1616
住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビル B1F
参考:ホームページ食べログ