宮城をまるごと味わうことが出来るお店 ~トリとヤサイとサケ ともやん~

グルメ

こんにちわ、キッドです。さて今日は昨日までの雨が止んでちょっとじわっとした暑さを感じる中、北四番丁にあるお店『トリとヤサイとサケ ともやん』にやってきました。

以前はこの場所に「田蛇(デンジャー)」というこってりラーメン屋さんがあった跡地になります。平日ということもあり大丈夫だろうと予約をしないで行ってみたところ、店内はすでに満席状態です。なんとかカウンター席なら大丈夫とのことで4人横並びに座ることが出来ました。ギリギリセーフ!

店内は中央に焼き場、板場を囲うようにカウンター席があり、その周りにテーブル席がちょこちょことあります。昭和を思わせる雰囲気で店員さんも元気があっていい感じです。それでは今日もお疲れ様でした。カンパーイ!!



このお店はお通しが無いようで、まずはすぐに出てきそうなおつまみをお願いしました。まずはさっぱり冷奴。



こちらはお店で漬けているクリームチーズの西京漬けです。お酒のお供に間違いないです。うまー!!



こちらは牡蠣のしおからです。ちょっと塩分が強めなので、ほんとチビチビ食べる感じですね。大人の味です。大根おろしと一緒に。



野菜も食べたいということで、カブの塩昆布とミョウガと大葉の和えものをチョイス。カブが美味しい。

ガブガブ、カブをガブガブ。。。。てへっ



じゃんじゃん頼みますよ。こちらはホクホク里芋です。お味噌をちょっとつけて、ぶちゅっと皮を潰して頂きます。野菜が美味しいですね。



こちらは鶏の笹見とアボガドの和えものです。新鮮な鶏の笹見とアボガドとの組み合わせが抜群です。



こちらはとろーりチーズ焼きです。このタレは焼き鳥のタレかな。



こちらは脂がのった〆サバの炙りです。店員さんが目の前で炙ってくれます。飛び跳ね注意です!!もちろん香ばしくてジューシーで最高に美味しいです。



せっかくなので焼き鳥も注文しました。順番にせせり、砂肝、トロレバー、つくね、うずらの卵になります。中でもトロレバーは新鮮過ぎてほとんどレアな状態です。臭みは全然ありません。好みはあるかと思いますので、焼き方は一度店員さんに確認をしてもいいかもしれませんね。











最後にお口直しの、なるこりんのジェラードを注文です。甘えんぼうトウモロコシっていう味をチョイス。トウモロコシの風味が良くて甘くて冷たくて美味しい。



結構いろんなものを注文しすぎちゃいましたかね。おかげ様でお腹はいっぱいです。どれも美味しくて楽しいお酒を飲むことができました。

それもそのはず!!このともやんさんでは宮城産の地鶏、野菜、日本酒を取り扱う居酒屋なのです。野菜ソムリエや利酒師の店員さんがいるので、気になることは聞いてみるのも楽しいかもしれませんね。カウンター席はちょっと狭めで隣とも近いので、初めて来るカップルさんは事前に予約をしてテーブル席にしてもらうことをオススメします。(笑)

季節ごとの料理も気になります。また利用させてください。ごちそう様でした。

店名:トリとヤサイとサケ ともやん
電話番号:022-725-8458
場所:宮城県仙台市青葉区木町通2-1-55 第八丸昌興業ビル1F
参考:ぐるなび