【御朱印巡り】世界遺産・平泉にある中尊寺で念願の御朱印Get♡~岩手県平泉町~

おでかけ

東北の世界遺産・平泉

皆さんこんにちは!スイーツマニアのmiuです♪

先日“みちのくあじさい園”を訪れた際にふらっと立ち寄ったのが、一関市のお隣平泉町。

マツコも絶賛!あじさいに囲まれた幻想的な世界♡みちのくあじさい園♪~岩手県一関市~

2020年7月14日

“平泉”は、平安時代に陸奥の豪族・藤原清衡から親子三代が約100年にもわたり築いた文化で【平和な理想郷】をイメージに様々な文化遺産が築かれております。

miu
その中でも有名な“中尊寺”にお邪魔してきましたよ~♪

見どころいっぱい中尊寺

“中尊寺”は,有名な“中尊寺本堂”“金色堂”など13ものお堂が集まっているのです!

そして、1番奥にある黄金に輝く“金色堂”には、奥州藤原氏4代のご遺体が納置されているそうです。

“金色堂”以外のお堂は、無料で拝観できますよ~♪(金色堂は拝観料800円)

miu
今回はふらっとお邪魔&大雨だったので、お目当ての中尊寺本堂のお参りだけで我慢しました!今度ゆっくり観光に来よう~♪

月見坂

中尊寺入り口の第1パーキングに車を停めたら、こちらの月見坂からのぼっていきます。

弁慶堂

歴史の授業でも習う“源 義経”と“弁慶”のお話しは有名ですよね。

弁慶と義経が戦から逃れここ平泉の土地で平穏に過ごし、最期は弁慶が義経をかばい眠りにつきます。

そんな歴史ある2人を祀っているのがここ“弁慶堂“です。

大きな弁慶の顔パネルもありましたよ♪

miu
なんだか「フジカラー」という文字が歴史を感じますね!

中には、弁慶と義経の像が祀られておりました。

歴史好きな方は必見ですね♪

東物見

弁慶堂を過ぎ月見坂を登り続けると、ひらけた場所にたどり着きます。

こちらからは、のどかな田園風景が広がる平泉の眺望を味わえます♪

miu
北上川も眺められますよ~!

地蔵堂

こちらは「子供の守り神」としても有名なお地蔵さまが祀られておりました。

お堂巡りの途中に現れた風情ある甘味処

月見坂の道なりにある幾つものお堂に立ち寄りながら進んでいくと、なんとも風情ある甘味処を発見!!

miu
庭園がとても美しい~♪

お堂巡りをしながら、美しい庭園を眺めながら美味しい甘味を頂くなんて最高ですね♡

だだ、こちらの甘味処は15時45分までと閉店間近だったので、今回の立ち寄りは断念しました。

中尊寺 本堂

月見坂を登り、平坦な道になった所で現れたのがお目当ての“中尊寺”

miu
門構えも立派です♪

門をくぐると、すっと空気が澄んだ神聖な空間。

中には金色に輝く仏像様がおりました。

miu
靴を脱いで中に入り、仏像様に手を合わせることが出来ましたよ~♪

仏像様の脇には“不滅の法灯”がありました。

“不滅の法灯”は、ずっと絶やさず火が灯っているのですね!!

miu
歴史の奥深さに感動です…!

待望の御朱印をGet♪

お参りをした後は、中尊寺に寄った1番の目的の御朱印をGet

今年の1月1日に御朱印帳をGetし、「今年は御朱印を集めよう~!」

と、思っていた矢先にコロナウィルスで様々なお寺や神社で御朱印が中止になっており、中々お寺や神社にも行けずだったのです。

ここ中尊寺は、コロナウィルス対策を行いながら7月より御朱印が再開されたのです♪

参拝の記念にもなる御朱印は、お寺や神社によって様々なものがあり、ひとつひとつ丁寧に書いてくれるのがとても嬉しいですよね。

miu
たくさんのお堂がある中尊寺で頂ける御朱印は、なんと13種類もあるとの事!

仙台から車で約1時間30分!東北の歴史を感じに中尊寺へ

まだまだお堂はたくさんありますが、今回は中尊寺の御朱印目当てのふらっと立ち寄り&この後土砂降りの為ここまでの参拝でした!

中尊寺は見どころたっぷりなので、次回はゆっくりと時間をかけて参拝したいですね♪

東北自動車道を使い仙台中心部からは約1時間30分。

miu
1時間30分で世界遺産を味わいに行けちゃうなんて♪

御朱印も再開された事ですし、皆さんも東北の歴史を感じに“中尊寺”を訪れてみてはいかがでしょうか?

中尊寺

参拝時間:8時30分~17時

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

中尊寺第一駐車場料金:400円(普通車)

拝観料:800円(金色堂)